岩城滉一が民間初の宇宙旅行へ!費用やトレーニング方法は?

岩城滉一 画像

 

アンチエイジング大賞授賞式が行われました。
実年齢より若く見えますね!授賞式って事です。

女性部門では、真矢みきさん。
男性部門では、岩城滉一さん。 が受賞されました。

 

 

岩城滉一さんの記事の中に、シャレたオヤジになるために趣味を持って楽しく生きる。
来年、宇宙旅行に行ってきます。 との記事内容。

宇宙旅行が気になり、色々調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

まずは、岩城滉一さんのまとめです。

岩城 滉一(いわき こういち)
東京都の出身で、1951年3月21日生まれになります。
現在、62歳。

 

クールなおじさまですが、若い頃からヤンチャです。

デビュー前は
「クールス」と言うバイクチームで活躍。

クールス 画像

 

 

 

 

 

このチームは、東京の原宿・表参道を拠点としていて
全員、リーゼント
黒の革ジャン・黒の革パン・黒のバイクで、黒がチームカラー。

舘ひろしさんがリーダーで
岩城滉一さんは、サブリーダーになります。

舘ひろし 画像

舘ひろしクールス 画像

 

 

 

 

 

 

岩城滉一 画像岩城滉一クールス 画像

 

 

 

 

 

 

イメージするだけでもクールな集団ですよね。

昔と比べると、バイクが好きな若者が少なくなりましたよね?
夜も、ぐっすり静かに寝れるようになりました。

 

デビューのきっかけは

ハーレーダビットソンに乗った写真が
「週刊プレイボーイ」と「平凡パンチ」に掲載された所からになります。

今でも、車やバイクのレースをしていて
アンチエイジング大賞での言葉通り

シャレたオヤジになるため、趣味を持って楽しく生きる。
を実践しています。

 

そんな趣味ですが、今度は宇宙に向かっていんです。
しかも、来年飛んで行きます。

宇宙旅行 画像

 

 

 

 

 

 

まず、宇宙旅行を提供する会社は、SXCと言います。

ホームページには

・宇宙は、政府や機関の独占的な分野ではない。
・民間組織が手の届く範囲に来ている。
・人類のために新しい世界を開く。

など
ワクワクする事が、沢山書いてあります。
全部、その通りですよね。

 

新しい世界を開いてくれる岩城さんは、ゆっくりもしてられません。

岩城さんの簡単な流れは

・オランダで訓練を開始。
・来年1~2月に、フランスで無重力訓練。
・来年4~7月に、旅立ち予定になります。

 

訓練も、思っていたほど大変そうでもなく

シュミレーション体験が、出来る施設で訓練したり
元オランダ空軍パイロットと一緒に、操作とGフォース(重力)を体験したり

などです。

細かいプログラムは、当然あると思いますが
簡単に言えば、こんな感じになります。

宇宙 無重力訓練 画像

 

 

 

 

 

 

 

発射は
モハベ宇宙港か、キュラソー宇宙港からになり

モハベ宇宙港は
アメリカ民間の宇宙機開発と飛行試験の、中心地になる所です。

ロサンゼルスから、2時間程度の場所との事。

 

宇宙船はLynxと言います。

何と、2人乗り。

パイロットの隣に、岩城さんが乗り
コックピット内の全てと、周りに広がる宇宙での景色が楽しめるそうです。

Lynx 画像

 

 

 

 

 

 

 

2人の流れは、まず

地上から打ち上げられ成層圏を超えて、約61キロ地点まで上昇します。
その地点は、真っ暗の中で地球が青く見れる地点です。

そこから更に上昇し、無重力空間が楽しめます。

 

その時間、4分。

宇宙 画像

 

 

 

 

 

 

 

 

そこから、急降下し地上に戻ってくるそうです。
全てで、約45分のフライトになります。

 

無重力空間4分の、体験旅行の費用が気になりますよね?

 

約 1000万円

 

安いと思うか高いと思うかは、人それぞれですが
私は、もうそんな値段で宇宙へ行けるのか。と言う感想です。

宇宙ですよ。
あなたはどう思いますか?

 

数年前には
宇宙旅行も先々には?などの話は有りましたが

まだまだ先の話でしょ。
生きているうちに、行けないかな?行きたいな?

なんて考えていましたが、来年行く人がいるんですよ。

 

このフライトが成功すれば
その先の宇宙開発のスピードは、更に早まると予想されます。

 

大切な人と、宇宙旅行へ行く計画でもしてみてはいかがでしょか?

 

宜しければ
SXCのホームページ内で、ポチッと予約ボタンを送信してみて下さい。

1000万円のボタンです。

宇宙旅行予約 画像

 

Sponsored Link


   

関連記事一覧

コメントを残す