大学の試験だけが単位と関係があるのか?出席せず単位をとる方法も

大学での進級や卒業に重要な単位。全ての大学生が必死に取得する単位ですが、その取得条件とはどんなものなのでしょうか?単位取得に関わる出席や試験、提出物などの一般的な条件をご紹介するとともに、効率的に単位をとるコツや、単位を落とす試験の点数などについてもまとめました。また”授業に出席せずに単位を取る学生が実践している5つのポイント”もご紹介します。

単位を落とす条件とは?大学の試験を適当に受けている、出席さえすれば大丈夫?

大学で単位を落とすのはどんな時?

大学で、単位を落とすのはぜんぜん出席してなかったりテストを白紙で出すような人だけですか?

それとも、結構みんな落としてしまうものですか?

よく単位落とした~って言ってる人がいますがその人がさぼってただけで普通は落とさないですか?

引用元-大学で、単位を落とすのはぜんぜん出席してなかったりテストを白紙で出す… – Yahoo!知恵袋

  • 大学で単位を落とす条件が知りたい

単位の取り方はもはや都市伝説レベル

中学高校とは違い、大学では進学や卒業に単位が必要です。この単位ですが、出席していれば取れる、はたまた試験さえパスすればOK、など取り方については諸説あり、敢えて条件を公開していない講座もあります。

試験よりも出席状況が大切!大学の単位取得の判断材料とは

単位取得に出席が重視されるケース

うちの大学では4/5以上の講義に出席していなければ、試験を受ける権利を剥奪され、またこれはこの学部特有のことであると思いますが、それがどんなに医学に関係ない講義であろうと、一単位でも落とせば留年は(ほぼ)免れ得ません。

教える側の教員の感情を排除して考えた上で、この制度に益はあるのか。

うちの大学の規定に、「講義を1/5以上欠席した者には試験を受ける資格を与えない。」

という文言がありますが、実際、出席を管理しているのは大学の教務係ではなく、それぞれの講義の担当教官です。

不正を厳しく取りしまる出欠確認も

担当教官が試験さえ通れるなら出席はしなくていい、というスタンスであれば、その講義は出席は無い、もしくは代返を黙認しますが、担当教員が出席を重要視する人である場合、全ての講義で出席を取り、その方法にも不正をできる限り排除するものを採用します。
(例えば、一人ひとり立たせて返事させる、出席カードを一人一人確認しながら配る、など)

「一体なんで、このお偉い人達は必死で、時間をたくさん使って出席を取ってるんだろう…」

と思ってましたが、バイトをするとその答えらしきものは自ずと見つかりました。

不真面目(に見える)学生に対する怒りなんでしょうね。

引用元-なぜ大学ですら、出席が単位の取得を左右するのか : 医学独学ノススメ

  • 講義への出席が、単位取得に重要視されることもある
  • その場合、出欠確認は厳しく行われる

講義に出席してさえいれば真面目な学生?

試験に参加させてもらえない、というのは厳しい例だと思いますが、講義の出席率が悪いと教官の心証が悪いのは確かです。とは言っても、講義に出ていても眠っているなど明らかに話を聞いていないケースは、更に心証が悪くなりそうですね。

大学の試験、単位取得の為に必要な方法とは

単位の取得条件は担当教官によって様々

例えば、出席していなくて課題を出せば単位をくれる、毎回出席してテストで60点以上取らないといけないなどがあります。

なので、大学の単位の取得の難易度は教授によって大きく変わってきます。

試験の成績

まずは成績についてです。

テストが単位の取得の基準となっている科目の場合、だいたい合格点が6割以上の点数となっています。

大学のテストは暗記よりも記述が多くなっていて授業をしっかりと聞いて入れば誰でも合格点には達成できます。

もし、合格点に届かなくても後日、相談をしたり、補習などで単位がもらえることもあります。

出席

次に授業の出席についてです。

多くの大学では、全部の授業の3分2以上の出席が条件となっています。

また、これは大学に来た日数ではなく科目ごとの授業の出席日数なので、同じ科目だけ何日も休んでいると単位の取得ができなくなります。

大学によっては、夏休みに集中講座をやってくれる大学があって、それに出席すれば単位がもらえます。

提出物

最後は課題やレポートなどの提出物です。

大学ではこの課題を提出しないと単位がもらえないという課題がよく出されます。

また、提出期限を過ぎてしまったらどんな理由でも受け取ってもらえないということがよくあります。

一番最悪な事態は、就職の決まった4年生なのに課題を提出するのを忘れて単位が取れなくなって留年になることです。

せっかく決まった内定も取り消しになります。

なので、しっかりと期限を守って提出するようにしましょう。

引用元-大学の単位の仕組みって?実はこうなっていた!! | ワンダートレンド

  • 単位取得に必要な条件の一例
  • 試験の成績
  • 出席
  • 提出物

効率よく単位を取るには事前のリサーチが必須

担当教官によって考え方が様々なので、講座によって単位の取得方法は違ってきます。先輩や友人を通じて、事前に教官の方針をしっかりリサーチしておけば、講座ごとに上手く時間や優先度を配分して、無駄無く単位が取れますね。

裏技!?単位が大学の授業に出なくても取得出来る方法がある

出席せずに単位を取る5つのポイント

【1】出席評価は20%まで
【2】1ヶ月前から授業に出る
【3】ノートを入手する手段を確立している
【4】授業概要を見返す
【5】”仲の良い”マジメな友人がいる

以上が「授業に出ずに単位を取る」ための5つのポイントです。

もうすぐ期末試験が始まりますが、出席していない授業があるのならば、意識してみてください。

引用元-「授業に出席しないで単位を取る大学生」が実践している5つのポイント。 – 大学生はこれを見ろ

  • 授業に出席せずに単位を取る学生が実践している5つのポイント
  • 1、出席評価は20%まで
  • 2、1ヶ月前から授業に出る
  • 3、ノートを入手する手段を確立している
  • 4、授業概要を見返す
  • 5、”仲の良い”マジメな友人がいる

要領のいい学生は無駄無く単位を取る

大学には、ほとんど出席せずに取れる単位が存在します。こういった単位がどの程度あるかは大学学部によっても様々ですが、どの大学学部にも、要領良く単位を取れる学生というのは存在するようですね。

試験結果が何点以上だと単位がとれるの?

赤点(6割以下)=不可ではない

全ての試験が論述ではありませんが、割合としては多いです。

ただ、60点をとらないと確実に不可になるのか?というと、そうでもないんですよね。
一応、原則としてはどの大学も赤点は6割とされていますが、それはそういう傾向にあるというだけであって、全ての授業が6割とれないと単位が貰えないというわけじゃないのです。

平均点が低ければ、合格点も低くなる可能性がある

私も経験しましたが、明らかにできなかった試験がありました。

それは論述ではなかたと思いますけど、手応え的には6割絶対に届いていないだろうと思える試験があって、その試験は多分3割くらいしかとれてないと思うのですが、それでもC(1番下の評価)は貰えました。単位は一応貰えたのです。

原因は何か?というと、恐らくですけど、平均点が低かったのだと思います。

原則どおり6割を合格点にすると、誰も単位がとれないという状況になり、それはマズイので、合格点を思いっきり下げたのではないでしょうか?

引用元-大学の定期試験の赤点は?何点以下だと単位を落とす? – リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

  • 原則として、6割以下の正答率は赤点
  • 赤点=不可とは限らない

大学の単位取得に情報収集は不可欠

大学の試験では、一般的に記述式のものが多いですね。試験の傾向は教官によって癖があるので、やはり同じ講義を受けている友人や、先輩との情報交換が大事になってくると思います。

単位を効率的に取得するコツや方法とは

取りやすい授業を選ぶ

単位を取るのはその授業を取るか選択する所で70%決まると言っても過言ではありません。いかに簡単に単位の取れる授業を知るか。

その情報を掴んだものが簡単に単位を取るのです。では私はその情報をどこから手に入れていたか?

私が情報収集に動き出すのはどの授業を受けるかの書類を提出する期限日の午後からです。一般の人がどの授業が一番楽か必死に情報を集めきった後の情報をかっさらうのです。

では、その一般の人の中で最も情報を集めている人は誰でしょうか?

それは単位が危ない人に決まってます。進学が危ない人は必死に情報を集めるのです。しかし、チャラ男ではいくらその人が必死に情報を集めても集めらる情報に限界があります。

最も熱い情報を持っているのは体育会の部活に所属している『崖っぷち』なのです。

クラブには先人の血肉の上に集まったデータベースが存在しそして、『崖っぷち』は他の部活にまで情報を求めます。

つまり、データベースの集合体のデータを持っているのがこの体育会の部活に所属している『崖っぷち』なのです。

これで、最も有力な情報を得れば後は自分の性格とあわせて授業を選択するだけです。

授業の評価基準には、①出席点の割合が高いものと②テストや提出物の割り合いが高い、物の2種類存在するので自分の性格に合わせて選択すれば良いのです。

たったこれだけでほぼ70%は取れました。

これからは、あと30%の詰め方をお話いたします。

ルールを知る

実際に授業が始まれば私は始めの2週間はどの授業にも出ません。

そして、3週目に全ての授業に出るのです。

そして、各授業においてどうすれば単位が取れるかのルールを確認します。

始めの2週間のどこかで絶対にこのルールを伝えています。

人によっては2週目に伝える教授がいるので私は絶対に3週目に出席をしてそのルールを周りの人に確認するのです。

ルールとは『欠席が3回超えればアウト』や『出欠は毎回取るのか?』や『毎回のノートを取っていれば答えられる課題を出す』などのその教授ごとのルールを知るのです。

これで課題系であればそれさえ提出すればOKです。

引用元-大学の単位の取り方ブック « ガジログ

  • 効率的に単位をとるコツ
  • 単位の取りやすい授業を選ぶ
  • 単位取得のルール知る

単位取得情報を手に入れて充実した大学生活を!

いかにして単位を取るか、は全ての大学生にとって気になる情報です。この情報さえ手に入れられれば、大学生活は安泰と言っても過言ではないようです。上手く活用して充実したキャンパスライフを送りたいですね。