一般的な大学の進路の決め方は?絶対にやってはいけないこととは

大学進学。志望校の選び方が分からない!そんな人のためにまとめました。

大学進路や就職についての考え方、わかりやすい志望校の決め方の手順と、絶対にやってはいけない進路の決め方もご紹介します。

また、自分の意志で決断することがなぜ大切なのか、についてもご紹介します。

教えて!大学の進路どう決めたらいい?

大学の選び方がわからない

進路の決め方にいまさらわからなくなっています。本当に困っています。お願いします。

引用元-進路の決め方にいまさらわからなくなっています。本当に困ってい… – Yahoo!知恵袋

  • 進学する大学の選び方が分からない

この選択が人生を左右するというプレッシャー

中学、高校と勉強や部活動に励んできたけれど、大学の選び方って教わらないんですよね。自分の人生を決める大事な選択だということは分かるけれど、そのプレッシャーから余計に分からなくなってしまう、という負のスパイラルに陥ってしまうことも。

進路を決める方法、一般的な大学の場合

「志望校を決めること」は一度でなくていい

まず志望校を決められないという人は皆、志望校について重く考えすぎです。

一度決めた志望校でも、それを越える大学が見つかれば、それを志望校に変えればいいのです。

一貫性が無いなぁ、と思うかもしれません。

しかし、志望校が無いことによって、勉強効率が下がってしまっている今の状態の方がよっぽど問題があるのです。

なので、とりあえずの仮目標をつくることが重要となります。

それの現実性について少しは考えた方が良いのですが、無茶な志望大学でも無いよりはよっぽどマシです。

これは頑張っても無理だと決めつけるのは、頑張ってみた後でいいのです。

動機は何でもいい

志望校決定が出来ない人は、志望理由という言葉を深く考えすぎていることが多いです。

周りに志望校が既に決まっている人もいると思います。

彼らはよっぽどの意志や夢があるので、素晴らしい理由を持っていることも多いです。

これにつられて、俺も、私も何か立派な目標を立てなきゃ、となってしまっているのです。

ですが、受験の成功した人の志望理由は、そんなに立派なものばかりではありません。

大阪市立大学は唯一の大阪市内の国公立大学です。

なので、近いから市大志望、というのはよくある話です。

医学部受験者でさえ、自分の偏差値に見合っていたから、なんてのもあります。

わかりやすい理由が一番強い

もっと欲に忠実な理由でも構いません。

大学に入学して、2年も経って成人式を迎えたとき、同窓会なんかで、

「そういえば、○○はどこの大学行ってるん?」

この質問に何と答えていれば、誇らしい気持ちになれますか?

そんなのでいいのです。

それも立派な動機です。

そもそも人は自分の自尊心を満たすことに対して力を発揮します。

わかりやすい理由が一番強いのです。

・大学の近くに繁華街があって買い物に寄りたい。
・近くに女子大があって合コンできそう。
・上の兄弟姉妹を越えたい。
・校舎が、特にトイレが綺麗だった。

何でも構わないのです。

引用元-志望校の決め方

  • 志望校は何度でも変えていい
  • 志望動機はなんでもいい
  • わかりやすい理由の方がいい

身近な理由で、消去法的に選択肢を絞る

大学、短大は日本中にあるので、選択肢が多すぎて迷ってしまうということもあるかも知れません。まずは、実家から通いたいor実家を出たいから、などの身近な理由で、選択肢を絞っていくのも良いかもしれません。

開花させよう!高校時代に培った経験を

学業以外も充実させる

進学校の上位校と言われる学校ほど、校内行事が盛んで、中途半端にはしません。

やはり高校時代に培ったメリハリのある生活の土壌があると、大学に入って花が咲くと思います。

オンとオフをハッキリさせて、頑張ってほしいと思います。

引用元-TEIDAN【鼎談】後悔しない進路の決め方、大学・学部選びを応援!

仕事につながらない勉強も大切

仕事に直接つながらない勉強でも、人生を楽しむために役立つんですよね。

私は映画が好きですが、歴史がわかっていたら楽しいですし、旅行もそうです。

今になって勉強し直すことがいろいろとあります。

引用元-TEIDAN【鼎談】後悔しない進路の決め方、大学・学部選びを応援!

  • 校内行事などの勉強以外もしっかりやっておくと、大学以降に役に立つ
  • 仕事につながらない勉強も、人生を楽しませてくれる

勉強は必ずしも大学進学、就職の為ではない

確かに大学の進路選択は就職に大きく関わってきますが、就職することは人生の目的ではないはず。たとえ、一見就職活動の役に立たない分野の勉強であっても、何がどんな風に人生の役に立ってくるかは、誰にも分かりません。

大学進学、進路の決め方とは?保護者に向けてのアドバイス

学べる学問から考える

「大学で学びたいことは何か?」

をまず考え、

「その学問が学べる大学がどこにあるのか?」

を探していく方法です。

「学びたいこと」は、まずは大きく学問系統(例:法学系統、理学系統など)で考えさせましょう。

候補となる大学・学部が見えてきたら、より細かく、どのような学問分野が学べるのか、あるいは、盛んな研究内容などを調べていくといいでしょう。

所在地から考える

今住んでいるところや、将来子どもが住みたい場所などから、行きたい大学を探してみるのも手です。

保護者にとって「自宅から通える範囲にしてほしい」などの要望がある場合には、子どもと相談しながら、所在地から探してみるといいでしょう。

難易度から考える

子どもの成績や難易度(偏差値)から大学を探す際に気をつけることは、現状の成績をもとに考えるのではなく、今後の「伸びしろ」を考えること。

子どもはどうしても「今の成績」から考えがちですが、保護者としては可能性を狭めることのないようにアドバイスしたいものです。

引用元-後悔させない「大学」の探し方 | 進路・進学|Benesse マナビジョン 保護者版

  • 保護者に向けた大学の進路の決め方
  • 学べる学問から考える
  • 所在地から考える
  • 難易度から考える

子供は目の前の勉強で頭がいっぱい

お子さんの大学進学、進路は子供が決めるものとは分かっているけれど、悩んでいる我が子に適切なアドバイスをしてあげたいですよね。目の前の勉強で頭がいっぱいになっている子供たちに、長いスパンでの視点を与えてあげたいものです。

大学の進路の決め方で、絶対にやってはいけないこととは

人間関係に左右された決め方

よく見られるパターンの一つに人間関係を軸にした決め方があります。

これは例えば「○○君があの大学に行くなら自分もそこに行こう。」や「彼女があの大学に行くから自分もそこが第一志望」といったものです。

これが良くないことは分かりますよね?なぜなら、自分の人生がかかった大学選びであるにもかかわらず、その決め方の中には「自分の意志」がないのですから。

自分の意志がないということは、大学に無事入学できたとしても、積極的に学ぶことはできません。

そのまま4年間を過ごすというのは学費の面で無駄が生じてしまいます。

人間関係からモチベーションを高めるタイプも

もちろんそういった決め方の全てがダメだということではありません。

それが1つのモチベーションとなるようなタイプの人であれば効果は高くなるかもしれません。

例えば、優秀な友人に囲まれていると、その友人たちに刺激されて、自分も上を目指そう、そして大学に入った後も彼ら・彼女らに置いていかれないように講義をしっかり聞いて頑張ろう、となるかもしれません。

引用元-絶対にやってはいけない大学選び | 門衛 – 専門家記事の情報サイト

  • やってはいけない大学の選び方は「人間関係に左右された選び方」

大学に入学した後、卒業した後のことも考えて選びたい

大学選びは、人生の中での大きな選択のひとつではありますが、大学に入ることはゴールではありません。大学に入学することを目的にしてしまうと、入学した後に学業へのモチベーションが一気に落ちてしまうということも。

自分の勘を信じて!進路を決定するのは最終的にはあなた自身

決断することは責任を負うこと

さてこれまでのステップを実行していただけると、情報は出揃ったと思いますし、頭のなかもだいぶ整理されてきたのではないでしょうか。

情報が出揃ったあとに待っているもの。
それは「決断」です。

決断がなかなか出来ない人は、「まだ情報が出揃っていない。」という言い訳をよくしますがそれは違います。

決断というのは「決めて断つ」と書きます。

選択には責任が伴う。

その責任の重さを背負いたくない。
失敗したくない。

それだけです。

自分の人生の決断を他人に委ねてはいけない

誰かの意見にすがりたくなるその気持ちや、自分で決断したくないその気持ち、よくわかります。

しかし考えてみてください。
これは他の誰でもない「あなた」の人生です。

自分の人生の決断を他人に委ねるということは他人の決めたレールの上を歩むようなものです。

若いうちに他人の人生を歩む選択をするのが習慣になってしまうと、年を取れば取るほど自分で自分の人生を選択することができなくなってしまいます。

あなたは自分の人生を歩みますか、それとも他人の決定に従う人生を歩みますか。

「自由とは責任である」というのは私が母校の桐朋高校で学んだことです。
責任を取りたくないのなら人の決定に委ねましょう。
ただし、その後どんな環境が待っていたとしても文句は言わないでください。

完璧な決断などない

正解なんて誰にもわかりません。
タイムマシンに乗って、未来を覗いてくることは残念ながら誰にもできません。

大事なことは自分が選んだその道を自分の力で正解に変えていくという覚悟。

やると決めれば、どうしたら達成できるか?という思考になります。
決められずにグチグチ悩んでいるといつまでたっても達成のための行動ができません。

完璧な決断などないのです。
いち早く決断し、未来に向かって全速力で行動し始めることをおすすめします。

最後に私が独立しようか迷っていた時に贈られた先輩の言葉をみなさんに贈ります。

「大丈夫。死にはしないから。」

引用元-【高校・大学共通】志望校や受験校の決め方・選び方5つのポイント

  • 最後に進路を決めるのは、自分の勘
  • 決断を他人に委ねることは、自分の人生を他人に委ねること
  • 完璧な決断などない
  • いちはやく決断し、達成するために全力で行動すること

結局人は、自分で決めたことしか頑張れない

いろんな人の意見を聞いて、進路選びの参考にするのは良い事ですが、最後の決断は自分自身でするもの。先生がすすめるから、親が無理だと言ったから、と進路を決めても、その先その決断と向き合って行くのは自分なのです。