今、ドイツへの音楽留学が大人気!?その魅力を探ってみました

ドイツへの音楽留学が注目を集めていますが、その人気の理由は何なのでしょうか?

芸術・音楽面でのメリットやドイツへの音楽留学で気をつけるべき点、ドイツへ留学したい理由をご紹介します。

ドイツ留学に備えて身につけたい語学力も、参考にしてみてくださいね。

なぜ?人気の理由を解明しよう!ドイツへの音楽留学「ここが魅力」

芸術・音楽面でのメリット

1.ドイツの学校(大学など)はほとんどが国立なので、学校に入ってしまえばレッスン代も払う必要がなく、授業料無料で専門分野を学べる!
(最近授業料を支払うところも出てきましたが、それでも年間3~10万円以内です)

2.なんといっても世界に名高いオーケストラやオペラ劇場が毎日のように公演されており、音楽的に大変刺激のある国で、国立オペラやあのベルリンフィルでさえ、1,000円~2,000円払うだけで味わえる!

3.美術館や博物館の質も高く、テクノなども有名な国ドイツでは様々な方向から芸術的刺激を受けることが出来る!

4.ドイツは、皆さんお馴染みのバッハ やベートーヴェン、シューマン、シューベルトな
どの出生地!彼らの故郷や博物館を見て歩くだけでも、作曲家、作品への理解が深まる!
5.オーケストラやテアターの数も半端でないので、将来入団できるチャンスが広がる!

ドイツは音楽の道を志す人にとってベストな国

6.演奏会を開きたい人にとっては、自分のアピール次第で教会や町のホールを使うことが出来、かつギャランティーも発生するといった、日本ではなかなかあり得ない素晴らしいことがドイツではあり得る!

7.クラシック音楽に対するドイツ国民の関心度は日本とは比べ物になりません。そうした刺激のある国ドイツは、音楽家を志す者にとって最高の地!

8.ドイツには素晴らしい先生陣が多く存在します。自分の納得する先生を見つけられた場合は占めたもの!日本の教育方法とは違う、ヨーロッパ独特の音楽を学ぶことができることでしょう!

引用元-今、ドイツ音楽留学が熱い!

  • ドイツの大学は、授業料が無料のところが多い
  • 有名オーケストラやオペラを手ごろな値段で日常的に楽しめる
  • ドイツは有名な音楽家の故郷
  • 音楽に対する国民の関心が高いため、音楽に関する刺激が多い
  • 良い教育者も多く、ヨーロッパ独自の音楽を勉強することが可能

ドイツ留学には、魅力がいっぱい

ドイツの大学では、授業料がほとんどかからないというのはうれしいですね。また音楽だけでなく、幅広い芸術に触れられるのも魅力的です。将来音楽の道へ進みたいのなら、ドイツへの音楽留学も検討してみてはいかがでしょうか?

日本より勉強期間が長引く事もあるけど…それでも人気、ドイツ音楽留学

ドイツの大学では、知識以外も身に着けることが必要

日本人がドイツの大学に留学するなら、日本では考えられないような長い勉強期間になってしまうこともあります。
注意したほうがいいです。

また長所として、ドイツの大学では、社会人マインド、なども、しっかり鍛えてもらえることがあると思います。

マインド面も評価のポイントになるので、ありがたいのですが、精神的に未熟だと、卒業させてもらえない、というイメージ・。

なんとなく勉強して、知識だけ習得すれば卒業できる、ということがなく、厳しいと思います。

でも、大学での勉強=社会での仕事経験、実習になるので合理的だと思います。

なんのために小難しい理論を学んでいるかというと、社会で生かすため、という前提を感じやすいです。

実習も、失敗してもまだ許される範囲だけれど、ここを乗り越えなければ専攻の職探しも難しいので結局は厳しい。
ということで、心身ともに、とても鍛えられます。

大学で失敗をしても、立ち直れます。

実習、実践経験が少ないまま社会に出て、社会人として失敗や経験を積み重ねるのは、心理的に重すぎるのでは?

私個人としては、大学在学中に、実習、失敗なども経験してから社会に出るほうが、後々長い目で見た時、心理的な負担は少ないと思います。

半年に1~3回は、地元の人向けの発表会がある

そして、国全体的に、教育の為の投資、という考え方が強く、学費がとても安いことは本当に素晴らしいと思います。

その分、税金も高いですが、それも教育に投資される、誰にも等しく教育を受ける権利がある、というドイツ哲学、私は好きです。

音大に関していえば、クラシック演奏を心底愛しているドイツ人が多いので、演奏を感謝してもらえます。

大学で勉強した曲は、半年に最低一回から三回は公開の門下生発表会があり、地元の方がたくさん(音大や時と場合によるけれど、最低30人~200人程度)聞きにきてくださいます。

聴衆が、若い音楽家を、育ててくださいますし、練習すればするほど、お客様に喜んでいただけます。
それが、一番楽しいかも。

実習の多い職業訓練的なドイツの音楽大学では、日本の大学より、皆長く勉強期間もかかることもあります。

引用元-日本とドイツの音大、カリキュラムの違い|ドイツ,ピアノ日和

  • ドイツの大学では社会人としての精神も鍛えられるため、知識だけ身に着けても卒業できない
  • ドイツでは、在学中に実習や失敗を繰り返すことで、心身ともに成長できる
  • 半年に少なくとも1~3回は、地元の人に向けたはぽ妖怪がある
  • 実習が多いため、ドイツの音楽留学では勉強にかかる期間が長くなるケースも多い

社会人になってから苦労しないのは、ドイツ大学の教育

日本の大学と比べ、ドイツの大学では在学中の苦労が大きいものです。しかし社会に出たときに、学生時代の経験を役立てることができるのは、ドイツでの教育の方ではないでしょうか?学生と社会人のギャップが少ないため、ストレスも軽減されそうです。

苦労することもあるようです…人気のドイツへの音楽留学で気をつけるべき点

★音楽家のお部屋探しは大変!

音楽留学・声楽留学の際に苦労することの一つに、部屋探しがあります。

音楽家は家で楽器の練習をしますから、防音設備の行き届いている部屋が必要になります。

前もって留学エージェントのサポートを受けよう

しかし、そんな便利な部屋はなかなか見つかりません!何も考えずに現地入りしてしまうと、「住む場所がみつからない!」という事態になってしまうかも…。

留学エージェントにあらかじめ相談しておくことで、そういった事態は避けられます☆

引用元-ドイツの音楽&声楽について|海外留学情報まるわかり!【留学くらべ〜る】

  • 音楽留学の場合、防音設備の整った部屋探しは大変
  • 前もって留学エージェントのサポートを受けよう

事前相談で、スムーズな部屋探しを

留学先では、自宅での練習は欠かせないものです。そのため防音設備は必要不可欠ですが、行き当たりばったりの部屋探しでは良い物件に巡り合うのは難しいです。留学前にしっかりと相談しておくことで、スムーズに部屋を探すことができるはずですよ。

だって質の良い音楽が生で聴けるから…!ドイツへ留学したい理由

ドイツではオーケストラの演奏やオペラを安価で聴ける

日本で演奏会に行けば、チケットが大体三千円近く、オペラでは1万円以上かかりますが、ドイツでは学生は5ユーロ(約七百円)から10ユーロ(千四百円)程度で聴くことができます。

また演奏会の数も多く、オペラの公演もたくさんあります。

ベルリンに行けばベルリンフィルの演奏会が千円以下で聴くこともできます。

質の高い音楽を聴くことは、洗練された音楽に欠かせない

そして何より、ドイツのオーケストラはとんでもなくレベルが高いので、毎週質の高い演奏を生で聴くことで耳が肥え、洗練されます。

私の個人的な意見では、素晴らしいレッスンを受けることと同じくらい、質の高い演奏会をたくさん聴けることは大きな収穫となっています。

引用元-ドイツ音大留学覚え書: 留学の4つのメリット

  • ドイツでは、学生はオーケストラの演奏やオペラを安価で聴くことができる
  • 質の高い音楽に触れることは、良いレッスンを受けるのと同様に、洗練された音楽とって重要

良い演奏に手ごろな値段で触れられるのはうれしい

日本でオーケストラの演奏やオペラを聴きに行こうとした場合、高額なので学生が何度も足を運ぶのは難しいですよね。ドイツなら、有名オーケストラの演奏も手ごろな金額で楽しむことができるのが魅力的です。

実は「英語」も必要なんです|ドイツ留学に備えて身に着けたい語学力

ドイツ語を学んでいると、英語力も上がる

個人的には英語はある程度はやっておく方がいいと思います。

ドイツだからドイツ語だけでいいや!という方もいますが、英語をやっていると、ドイツ語のリスニングとスピーキングが上がるにつれて、英語力も上がっていきます。

それ本当?と思うかもしれないのですが、私はそうでした。なんとも不思議ですこれ。

多少は英語が話せるようにしておこう

聞き取れなかった英単語や英会話がドイツ語が身につくにつれて、聞き取れるようになってくるのは日本語以外の発音に慣れるということが関係しているのだと思います。

ただし、それなりの勉強が必要ではあります。基本的な文法事項を覚えていることはもちろん、実際に英語を喋ることに少しは慣れておく必要があります。

引用元-英語留学ではなくドイツへ留学する時に気になった7つの疑問 | ドイツドットウェブ

  • ドイツ留学の前、英語はある程度学んでおくべき
  • ドイツ語が上手になると、英語力も高くなる
  • 多少は英語が話せるようになっておこう

英語とドイツ語を効率的に学ぼう

ドイツ語と英語両方を学ぶのは大変に思えますが、実は一緒に勉強したほうが効率的なのかもしれません。ドイツ留学でも英語を話す場面はある可能性が高いので、学んでおいて損はないですよ。