看護師になりたいあなたへ|「専門学校」の学費が安いって知ってた?

看護専門学校の授業料が安い理由をご存知ですか?

看護専門学校とほかの専門学校の費用が違う理由や、大学の単位を持っている場合の扱い、奨学金制度についてご紹介します。

大学病院附属の専門学校のメリットも、是非参考にしてみてくださいね。

「なぜ?」それは「ニーズがあるから」です!看護専門学校の授業料が安い理由

看護師志望者は、奨学金が貰いやすい

看護師志望者の場合、 一定の条件さえクリアすれば、特に成績が良くなくても奨学金をもらえる方法があります。

それは、病院からもらえる奨学金です。

詳しくは後述する「病院の奨学金の例」の部分を参考にしてください。

そのほか団体、自治体、大学、企業などの奨学金があります。

一人で複数の奨学金を受けられる場合もあります。

看護師はまだ売り手市場、奨学金制度が充実

近年、看護師不足は徐々に改善の方向へ向かってはいますが、厚生労働省の調べによりますと、「保健師・助産師・看護師」の求人倍率は3.46倍(平成25年度)と高く、他の職業の厳しい雇用状況と比べれば、看護系の職種は依然として売り手市場と言えるでしょう。

看護学校を卒業後、指定の病院で働いてくれるならば学費を援助するという病院が少なくないのですが、これは看護師の需要の高さを示しています。

病院も奨学金を出してまで確保したいのです。特に専門学校は学費が比較的安いところが多いので、学費をかなり安く済ませることができるのです。

ただ、専門学校のなかにも教材費、実習費、設備費など、その他の諸経費の金額が高い学校があるので注意してください。

大学は専門学校より学費が高い傾向にありますが、病院からの奨学金などを利用して学費を抑えることもできます。

「学費や奨学金制度」については学校案内・募集要項に記載されているので、チェックしておきましょう。

引用元-奨学金で無料で看護学校を卒業できる! | 看護大学・専門学校受験ナビ

  • 看護師志望者は、奨学金が貰いやすく、ひとりで複数の奨学金を受け取ることも可能
  • 大学の場合、専門学校よりも学費は高額になるが、奨学金を利用すると費用を抑え去られる
  • 学費と奨学金せいふぉは、学校案内や募集要項などで確認しておこう

奨学金のある病院についても調べておいて

看護師を目指すとき、奨学金を利用しやすいというのはうれしいですね。病院への就職が条件となる奨学金も多いため、奨学金に申し込む前にその病院についてもしっかりとリサーチしておきましょう。

理由を予想してみた|看護専門学校が他の専門学校に比べて安いのはなぜ?

付属病院へ看護師を確保するため、専門学校の学費は安いのでは?

私も受験する際に大学と専門の学費の差に驚きました。確かに専門学校の方がかなり安いです。

理由はおそらく・・・

①専門学校は附属の病院への看護師確保がしたい。卒業後は、私立は附属の大学病院だったり、都立は都立系の病院に就職される方がほとんどなのもそのせいだと思います。

私の進学先も9割近くの方が附属に進学します。独立行政法人系なんかは系列病院以外に就職されるのを極端に嫌がるなんて話も予備校の先生に聞いたことがあります。

また、一人の看護師を育てるのに看護専門学校のような安い授業料では赤字になるそうですが、逆に言えば病院側がそこまでして看護師を安定的に確保したいということだと思います。

大学の場合、有名な教授の授業やカリキュラムにお金がかかる?

②教授の授業料とカリキュラムではないでしょうか。
友人が看護大学に通っていますが学費がかなり高いと言っていました。

実習内容などにはあまり違いを感じませんが、座学の授業にはかなり有名な先生や教授が教えてくれるようです。

また、大学には看護留学の機会など、即戦力の看護師を育てるというよりも、看護学を体系的に学べるプログラム・施設などが充実しているため、そのようなカリキュラムが費用を高くしている要因ではないでしょうか。

引用元-なぜ看護専門学校の学費は安いのですか? – 他の専門学校や大学などに比べ… – Yahoo!知恵袋

  • 付属病院へ看護師を確保するため、専門学校の学費は安いのでは?
  • 大学の場合、有名な教授の授業やカリキュラムにお金がかかる?

看護師の人員不足の深刻さを感じる

専門学校では、即戦力となる人材の育成に力を入れているように感じますね。それほど看護師の人員不足が深刻だということなのでしょうか?私の友人も看護専門学校に社会人枠で入学し、付属の病院へ就職しました。

卒業後に改めて入りなおしたケース…大学の単位を持っている場合はこう扱われる

卒業した大学の単位認定について

看護とは全く関係のない大学を卒業→社会人→ 現在、看護専門学校生 です。

私が通っている学校も、単位認定は基礎科目に限る、でした。

基礎科目は、英語、体育、心理学、教育学、物理学、化等がありました。

単位認定した時間は、図書館で勉強したりして過ごしています。

やはり、専門学校の目標が生徒の国試合格である以上、専門科目は受講すべきものなのかもしれません。

単位認定を受けても、年数を減らすことはできない

カリキュラムに従って授業が進んでいきますので年数短縮は無理です。それに、#3の方がおっしゃっていらっしゃるように法律で年数が決まっています。

私としては、長期の休みと土曜にも授業を進めることで、早く国試を受ける権利が得られるような学校が欲しいところですが‥。そんな学校があれば迷わず受験するのに‥。

引用元-看護専門学校 – 専門学校 | 【OKWAVE】

  • 大学を卒業している場合、基礎科目は単位認定できる
  • 法律で看護学校の年数は決まっているため、単位認定を受けても年数を減らすことはできない

年数短縮できないのはもどかしい

社会人になってから専門学校に入学する場合、少しでも早く卒業したいものではないでしょうか?法律で年数が決まっているというのは、少しもどかしく感じてしまいますね。開いた時間は勉強や学費を稼ぐアルバイトなどに当ててはいかがでしょうか?

看護師になりたい方は必見!都道府県などから奨学金が受けられるかも?!

看護専門学生がとれる奨学金の種類

都道府県からの奨学金と医師会などの病院協会などからの奨学金と育英会の奨学金の3つがだいたいのところであると思います。

・都道府県
決まった年数その場所で勤務すると返済免除
(月25000円~4000くらいだと思います)
・医師会など
指定の病院で決まった年数勤務すると返済免除
(入学金・授業料全額)
・育英会
詳しくはHPを見てください

これはあくまでも私の知っているケースです。

受験しようと思っている学校に問い合わせると教えてもらえると思いますので聞いてみるのが一番ですよ。

2つの奨学金に申し込むことも可能

私は准看護師の資格を持ってて、いまは2年過程(定時制なので3年通いますが。。。)の学校を受験します。

都道府県の奨学金と、医師会からの奨学金の両方を申し込む予定です。同じ場所ならそんなことも可能ですよ。

授業だけの1,2年のときはバイトも出来ますが、実習が始まると絶対無理です。

実習の交通費や参考書など余計な出費も出てきますし、都道府県の奨学金には手をつけず実習期間のためにとっておこうと思ってます。

引用元-学費について・・・ – 専門学校 締切済 | 教えて!goo

  • 看護専門学生がとれる奨学金には「都道府県」「医師会など」「育英会」がある
  • 複数の奨学金に申し込むこともできるため、アルバイトが難しい実習期間に備えることもできる

奨学金を上手に活用しよう

金銭面で余裕がない中看護専門学校に通うなら、上手に奨学金を活用することも大切です。複数の奨学金に申し込みたい場合は、事前に奨学金の条件などをしっかりと調べておくことをおすすめします。

学費が安い「病院付属の看護専門学校」をおすすめします!

学費が免除になるケースもある

こないだ、看護専門学校を受験し、合格した者です。

春から看護学生として一生懸命頑張ろうと思います。

卒業後、附属の病院への就職ができるのがうれしい

私が春から通う看護専門学校は、病院と附属しているので、卒業後は附属病院で働くことができるのが最大のメリットだと思います♪

附属病院で働くと学費も半分ぐらい免除になります。専門学校には、そのようなメリットがあると思います。

引用元-看護師になるには学校は大学と専門どっちがおすすめ? | 嫁は看護師 | 看護師との結婚生活ブログ

  • 病院付属の看護専門学校なら、卒業後の進路が約束されているのが魅力的
  • 学費が一部免除されるのもメリット

病院附属の専門学校のメリットは大きい

学費の負担が半額になるというのは、大きなメリットですよね。就職先に困らずに安定した病院で働けるというのも、大きなメリットです。附属の病院の特色や雰囲気については、受験前に調べておくと安心です。

嬉しい、安くても質が高い教育が受けられる!大学病院付属の専門学校のメリットとは?

看護を学べる学校の特色はそれぞれ異なる

専門学校であれば、大学病院付属の専門学校だと質もそれなりに高く、奨学金があって、そもそもの授業料も安いのではないでしょうか?(関東中心になるけど)

あとは日赤系列もレベル高い学校もあって、病院付属だから奨学金もあるだろうし金額がとても安かった記憶があります!

ただ、専門の場合は病院付属だとそこに強制的に就職させられるところが多いみたいだからじっくり考えてみた方がいいかも。

ただ前述したように、あなたがどのようなことを学びたいかとか、どのような病院で働きたいとか、どのような看護師になりたいかって思いが大切だと思います。

看護大学/専門は全国にたくさんあるし、その学校や系列によって特色も全然違いますし。

キリスト系の学校だと聖書買わされたり宗教関係の授業があったり、一方では芸術学部が併設されているような大学では音楽療法とか芸術療法とか、文教系では仏教看護とかいうものもあるみたいですよ?

そして、長期スパンをふまえて大学にするか、専門学校にするかということも難しい選択になるかと思います。

私もほんとに直前まで悩みました。

気になる学校のことは徹底的に調べてから、志望校を決めよう

参考までに、私が高校生のときは看護学校の一覧本?みたいなのを購入して、料金が安いとこをチェックしていましたし、気になる学校は電話で資料請求したりHPを見たりしていました。たいてい資料請求は無料のところが多いので。

そして、見学できる範囲の学校は見学に実際にいきましたよ?

それから、専門の場合は附属病院のHPも見たりして、病院の規模や認定施設などを調べていました。

結局私は、自分の目指す、興味のある看護/看護師になれるかなって思う私立の大学に進学しました。お金なくて最初は大反対されたけど、支援機構や病院奨学金を自分で調べて、親に説明して説得したら納得してくれました。

引用元-助けて下さい…(学費が安く、質の高い看護学校を教えて欲しいです)

  • 看護を学べる学校の特色はそれぞれ異なる
  • 病院付属の専門学校の場合、卒業後の進路が限られるケースが多い
  • 気になる学校は、見学に行ったりHPをチェックしたりして、徹底的に調べよう

受験する学校はしっかりと調べて選んで

看護専門学校の場合、受験した学校によって就職先が決まってしまうことも多いものです。そのため、学校のことだけでなく、附属の病院についても前もって調べておくことが大切ですよ。