高校受験対策!苦手な「英語」の勉強法とは?克服出来る方法とは

高校受験からは避けて通れない英語科目。
その苦手な英語を克服するにはどうすればいいのか、のアドバイスを集めました。
効率的に英語を勉強する方法、単語を覚える方法、など気になりますよね。
ぜひ、参考にしてください。

「英語」の勉強法|高校受験の必須科目

「数をこなす」ことで慣れる

中学受験にはなくて高校受験や大学受験にはあるもの、それが「英語」という分野です。

他の教科も生徒によって個人差があるとは思いますが、英語はさらに差が大きいように感じます。

同じ言語のはずなのに文章が読めない、内容がわからない、意味のわからない単語が連発する。

点数が取れない生徒の言葉を聞いていると古文の長文が苦手な生徒の感想を聞いているようです。

では、この英語、どのように勉強していけばよいのでしょうか。まず結論から言うと「数をこなす」ことになります。

日本語の現代文を勉強する際には1つの大問に対して本当に深く読み込み、内容を理解し、考えるということを最優先するのに対して英語は数をこなさなければいけません。

これはもちろん問題に慣れるという側面もあるのですが、もっと現実的な理由があります。

それは「言語は慣れるのが一番早い」という原則があるからです。

これは言語の特性にもなるのですが、普段から話したり聞いたりしている言葉をいちいち意味を考えて文章を組み立てて日常の会話に使うことなどありません。

みんな自然に話をしているはずです。英語は言語なので結局慣れるのが一番早いのです。

会話と受験英語の違い

しかし英語には大きく分けて2つの種類があります。1つは「英会話」、もう1つは「受験英語」です。

英会話は仕事をするようになったり日常で外国人と会話したりするときに使う能力です。
実際の生活に関係してくるのはこちらでしょう。

最近では幼児や小学生のころから英会話を習っていて、簡単な会話ができるようになっている子供もたくさんいます。

ただ、ここに落とし穴があるのです。英会話を習っていて、英語に苦手意識がない。

そんな中学生なのに学校のテストでは思うほど点数が取れない。こんな生徒が多くいるのです。

これは単純に学校で行われるテストが英会話ではなく「受験英語」だからです。単語を覚え、文法を覚え、文章を書けるようになる。

これを重視しているので英会話だけができていても点数が取れないのです。

引用元-かんたん!受験に使える英語科勉強法3つのコツ!!

  • 中学受験にはないが、高校・大学受験に必須となる英語は重要ポイント。
  • 古文の長文が苦手な子と英語が苦手な子が言っている内容は同じ。言葉には慣れること。
  • 言語の特性としては、数をこなして慣れることが有効だ。
  • ただし、会話英語と受験英語は違っているので、話せても点が取れない場合も出てくる。

言語教育というのは難しい。ましてや外国語は…。

日本における英語教育は、いまだに大きな課題のままのようですね。受験英語ができても、実際に外国人との会話は通じない、という逆のケースも聞きます。どっちを優先、という話でもないのでしょうが。

高校受験の対策とは|みんなが困る英語の長文の勉強法は…「慣れ」

問題を解く時には全文を表記

穴埋めでも、記号問題でも、英文は全て書き、全て日本語訳する

英文法の問題には、穴埋めや記号問題が多いです。
例えばこんな問題があったとします。

> 問題 かっこ内の正しい語を選べ。
> (1) There (be / is / are) some cups on the table.

取り組んでいる問題集にこんな問題があったら、あなたなら解答をどう書きますか?

正しいものを選ぶ問題なので、ノートに「are」とだけ書く人が多いと思います。
または「(1) are」と書くでしょうか?

これはいけません。

後から見たときに「are」とだけ書いてあったら、何が「are」なのかわからなくなってしまいます。

それだけでなく、書いたそばから意味不明になりかねません。

どこかの予備校の先生も言っていますが(笑)、英語は言葉なので、常に内容がわかるように書くべきです。

つまり、この問題でもノートには

(1) There are some cups on the table.
テーブルの上にいくつかのカップがあります。

と書くべきなのです。

内容を把握しながらたくさん触れる

また、英語は言葉なので、やはり「慣れ」が必要です。

日本で生活している日本人なら、普段は日本語しか使わない人がほとんどだと思います。
英文を書いたり読んだり話したりすることに対して、「慣れ」が不足している人ばかりのはずです。

慣れるためには、もちろん、たくさん触れなければいけません。

英語を勉強するときくらいは、問題の指示になくても、「英文は全て書き、内容を考え、和訳も書く」ことをしてみるのが必要です。

内容をしっかり把握しながら、たくさん英語に触れていると、英語に対する抵抗感も減っていくし、「理屈は分からないけど何となくこれな気がする」の確率も上がります。

また、間違いの英文に対して「なんかヘン」と気づくようにもなります。

引用元-家庭教師の生徒に教えている英語の勉強法~英語学習法

  • 問題集では穴埋めでも記号問題でも、自分で英語の全文を常に書くことを習慣化する。
  • 日頃は日本語で生活しているため、慣れが不足しているのは当然。
  • 英語を勉強するときは、全文を書いて内容も考えて、和訳も書くようにすることが必要。
  • たくさん触れていることで英語に対する抵抗感もなくなり、間違いにも気づきやすい。

言葉は触れる回数次第、というのは理解できます。

ついつい面倒で、回答部分の単語だけ書いていく、って、経験あります。いつもそうでした。だから、英語が感覚的に身につかなかったんですね~。言葉って、やっぱり環境だし触れる回数、なんですね。

高校受験を乗り切るために、「英語の単語」はたくさん覚えて!

まずは単語と基本の文法

単語は英語の基礎的な力なので、とても大切です。

今のままで満足せず、これからも勉強を続けてください。ある意味受験も単語を覚えれば回答可能なものが多いと思います(特にセンター試験)。

文法(ルール)が苦手ということですが、文法(ルール)は覚えるというか理解するということで、数学に似たようなところがあると思います。

要するに理屈で理論的なことです。数学だったら小学校で習う四則計算ができなければ、ベクトルとか微分積分なんて理解できないですよね。

それと同じで英語も中学生の文法を理解していなければ高校の文法は理解できないです。
まずは中学校の英文法を完璧に理解してください。高校の文法は中学校の文法に毛が生えたようなものです。

教科書ベースで授業を無駄にしない

中学校の英文法を覚えるのにオススメなのは中学校の教科書です。

教科書はかなりの事が考慮されて作られているので、文法は勿論、単語や熟語なども大切なものがたくさん含まれています。

私は中学生の時、まず授業で教科書の英文を日本語に訳して、ノートに書き、その後家で、日本語を見て、英語に直して、教科書でチェックしていました。(宿題として提出)勿論、日本語を英語にするのは難しいですが、その時に助けになってくれたのは、音読です。

何回も読んでいると、英語が自然と口から出てきて、英語の語順が大体からだに染み付いてきます。そこで、文法の勉強をして、しっかりなんでこのような並び方になるのか、どうしてこのような意味になるのか、ということを理詰めで確認します。

そしたら、日記などで自分がその文法を利用して表現できることを書きます。ここまでやればかなり定着します。授業を無駄にしない方法です。

引用元-高校1年での英語の勉強方法について。 – 受験を乗り切り第1希望の高校に合格し… – Yahoo!知恵袋

  • 高校受験にもセンター試験にも有効なのは、まずは単語と基本文法を覚える事。
  • 高校の文法は、中学で習う文法に毛が生えたくらい。中学の英語は単語も熟語も重要。
  • 教科書の英文を訳してノートに書いた後、逆に訳文をみて英語に直す練習をした。
  • 音読も大事で、文法は理詰めで並びや意味を確認する。
  • 身についてくれば、日記などで自分が覚えた文法を使って表現を試みる。

文法は理詰めできっちり理解する、が重要ポイント。

これもきちんとこなしていけば、とても身につきそうな勉強法です。そう、言葉は生き物、なんていい加減な覚え方では文法は身につかない。理詰め、も大事なんですよね。もう一度勉強しなおしたくなりました。

少し息抜きもしよう!英語は難しい…集中力が続かなくなる

息抜きができる英語の勉強法

英語に限りませんが、勉強は好きでなければ継続することが難しくなります。高校受験は長いので、途中で集中が切れてしまうことも良くあります。

やる気が無くなった時に、息抜きを兼ねてできる英語の勉強法を紹介します。

賛否両論ある方法ですが、何もしないよりは間違いなく効果はあります。

息抜きも兼ねてできる勉強法に、DSなどのゲームでできる英語の勉強法があります。

英単語ゲームで気分転換

教育業界でも力を入れていて、内容的には良くできている英語教材と言えます。大手のベネッセの得点力学習DS 高校受験 英語や、栄光ゼミナールの栄光ゼミナール公式DS教材

中学英単語 エイタンザムライDSなどは復習にも使える教材になります。

ゲームを使った勉強は単調な勉強に刺激を与えてくれますが、あくまで補助的な役割と認識しましょう。

ちょっとした気分転換に使う程度にしておくことが、高校受験対策では重要になります。
栄光ゼミナールの英単語ゲームは、単語集の勉強に飽きた時に復習を兼ねて使えるので役立ちます。

高校受験追い込みの英語勉強法

基本的には上記で紹介した勉強法で、公立高校や中堅私立高校などは対応できるようになります。基礎が理解することが、中学レベルの英語の攻略に繋がります。

あとは志望校の過去問を使って勉強することで、実践的な実力を身につけることができます。

過去問の勉強法も基本は同じで、間違えた問題を理解するまで繰り返すことになります。
過去5年分くらい勉強しておけば、高校受験の英語対策としては十分になります。過去問の攻略が、高校受験では最も重要になります。

基礎力を身につける

ただし過去問は基礎ができていなければ、正解するのは難しくなります。

高校受験は都道府県や私立によって問題が違うので、それぞれ志望校に合わせた対策が重要になります。

しかし根本にあるのは英語の基礎になるので、基礎を疎かにしないように注意しましょう。

基礎力を身につけることができれば、高校英語の攻略はそれほど難しいことではありません。

高校受験の勉強法として、高校受験で効率よく偏差値を上げる勉強法も参考にして下さい。

引用元-高校受験の英語の成績を上げる勉強法 – LEARNING

  • 英語に限らず、どんな勉強でも上手に息抜きすることは重要。
  • ゲームを使った英単語など、息抜きしながらも勉強をサポートしてくれる方法を活用。
  • 受験の追い込み段階では、志望校の過去問題集などに取り組む。
  • ただ、過去問題集は基礎力がないと正解は難しい。英語は基礎を疎かにしないこと。

過去問はあくまで基礎力をつけた上で。

高校くらいになると、特に私立校では教育方針や個性の違いが出てきますから、追い込み段階では過去問が役立ちそうです。それにしても、この段階で基礎力を言われるとつらいかな。何事も基礎が大事!

単語の勉強法|英語が苦手だった方が実際に行ったこと

英単語の覚え方

英単語は短期間でパパっと終わらせたい部分です。

僕なりの英単語の覚え方ですが、まず蛍光ペン、もしくは薄めの色鉛筆を用意します。

ターゲット1900には赤い下敷きが付いており、英単語の意味が赤く書かれているので、そこを隠しながら読むことが出来ます。

まず1周目は意味を隠しながら読んでいき、英単語を見ただけで日本語の意味が分かった単語だけを蛍光ペンで塗っていきます。

ポイントは、「単元毎に区切らずに、1900個一気に読み切ること」です。

ターゲット1900は、後半にいけばいくほど単語が難しくなっていくのですが、これを単元毎に区切ってしまうと、前半の方に覚えた単語を忘れてしまうからです。

音読しながら書く

1周このやり方で読みきったら、日本語の意味が分からなかった単語をノートに1単語ずつ書いていきます。

ここで大事なのが、「英単語と意味を読み上げながらノートに書いていくこと」です。

声に出すのは重要で、頭に残ってくれます。

一単語ずつを書ききったら、また最初に戻り、意味を赤い下敷きで隠しながら読んでいきます。

これでどんどん意味の分かる単語を増やしていき、2週間あれば1500〜1700単語くらいは覚える事が出来るでしょう。

大体1日で2〜3周出来るので、2週間で30週ちょっとですね。

ターゲット1900は手に収まりやすいサイズなので、通学中の電車などでも暇さえあれば読み込んでください。

英語の文法書を読み込む

次に英語の文法書を読み込んでいきます。

この時点では僕は英単語しか知らない人間ですが、高校の英語の授業で使われる単語のほとんどが分かるので、「結構意味が分かるな・・!」くらいには実感出来ていました。

さて、このままでは単語だけを拾って読みあげるだけになってしまうので、ここからは英文法について学んでいきます。

文法書はぶっちゃけなんでも良いと思います。

学校で使われている教科書とかで文法が学べるのあればそれで構いません。

ちなみに僕は「基礎からよくわかる英文法」という参考書を使いました。

引用元-英語が苦手な僕が3ヶ月で英文をスラスラ読めるレベルになった勉強法 – ネットで広がる可能性

  • 英単語の覚え方として、ターゲット1900を使って自分がわかった単語を蛍光ペンで塗る。
  • 一気に頭から最後までをやりきり、わからなかった単語を音読しながらノートに写す。
  • これを1日に2~3回繰り返すと、2週間あれば1500~1700個の単語が覚えられる。
  • 単語の次に英文法。参考書は教科書でも良い。

言葉を学ぶシンプルな基礎力は単語力と思われます。

ご自分の体験に基づいておられるので、とても説得力がありますね。単語がわからなければ、言葉なんてわかるはずがない、とよく言われました。まったくその通り。単語こそ、基礎の基礎の力ですね。

勉強法について|初心者が英語を勉強するとき

4.中学生レベルの英文法を勉強する

「初心者から英語を勉強するときは、中学生レベルの英文法で大丈夫」とお伝えしましたが、英文法のテキストでは「ここからが中学の英文法、ここからが高校の英文法」と境界線を引く必要はありません。

「高校総合英語Harvest」の場合、それぞれの文法の解説内では、1から順番に番号が振ってあります。

例えば「不定詞」だと「1~12」、「比較」は「1~10」と文法ごとに異なります。この番号の中盤までが中学生レベルの英文法です。

実際に英文法を勉強をしますと、最初は簡単だったのに、進むごとに理解するのが難しくなってくるのがわかります。

その時点で、次の文法に移ってしまえばOKです。

初心者の人が英語の勉強を始め、「??」と詰まってしまうところが、だいたい高校生ベルの英文法が始まったと思ってください。

今は理解できなくても、リスニングやスピーキングなどを勉強していると、英語に慣れてきて、そのうち理解できるようになりますので、最初から全て(高校レベルまで)理解しなくても大丈夫ですので、気軽な気持ちで勉強してください。

5.完璧主義にならない

これは英文法、リスニング、発音、スピーキング、リーディング、英単語の全てに言えることですが、全てを完璧に理解し、覚えようとすると、ちょっとしたことで飽きてしまったり、自分が覚えられないことに対しての絶望感が沸き起こってしまうため、ある程度は大まかに勉強をするように心がけましょう。

一生懸命に勉強することも大切ですが、英語の勉強は楽しくなければ意味がありません。

勉強しても理解できないところは飛ばしましょう。

英文法は一度勉強したら終わりではありませんので、英語力が身に付いたころに飛ばした英文法を勉強すれば、きっと理解できるようになっているはずです。

引用元-初心者からの英文法勉強法 | 初心者のための英語勉強法

  • 英語初心者には中学レベルの英文法で十分。
  • 段々難しくなってきて、詰まってくるレベルが高校生レベルの英文法。
  • リスニングやスピーキングを勉強すると慣れてくるので、中学校レベルまででも大丈夫。
  • すべて完璧に理解し覚えようとすると行き詰まる。楽しく、ある程度大まかでOK。

中学生で習う英語って大事なんですね!

よく言われることですが、中学生レベルの文法で十分、ということは、中学生の英語カリキュラムの内容はとても重要だということの裏返し。もう1回、中学校レベルの勉強をしっかり習えたらと思いますね。