松本明子の初アルバム!自費制作の費用や年収は?一時消えたのは?

松本明子 画像

 

松本明子さんがデビュー30周年を迎えたそうです。

そこで記念アルバム「くとうてん」の発売があります。
そのアルバムですが制作費用が自費負担との事なんですよ。

 

 

作成費用は、どの程度かかるか知ってますか?
一時期テレビに出ていなっかった理由
なども調べてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

まずプロフィールから

松本明子(まつもとあきこ)
香川県の出身で1966年4月8日が誕生日です。
現在47歳になります。

旦那さんは俳優さんです。
お名前は本宮 泰風(もとみや やすかぜ)さん。
本宮泰風 画像

 

 

 

 

 

本宮さんのお兄さんは俳優の原田龍二さんになります。
原田龍二 画像

 

 

 

 

 

芸能一族ですね。
正月などで皆さん集まったらどんな会話になるのでしょうか?
面白い話が聞けそうですね。

 

そんな松本明子さん。

歌手としてデビューし、モノマネタレントに転身し
そして日本テレビのバラエティー番組「進め!電波少年」
松村邦洋さんと活躍していましたよね。

電波少年 画像

 

 

 

 

 

 

私はこの頃が一番覚えています。
無茶な企画やロケをたくさんしてましたよね。

今は、放送できない内容が多いのでは?と思います。
過激でした。

その他にも中山秀征さんの番組でもよく見ましたよね。

中山秀征 画像

 

 

 

 

 

 

 

ですが、光があれば影もあります。

テレビで使ってはいけない言葉を言ってしまったんですね。

番組に出ていた笑福亭鶴光さんと片岡鶴太郎さんに
乗せられ言ってしまったそうですが
松本さんは、その言葉の意味が分からなく言ってしまったそうです。

それから2-3年仕事が無くなりました。

その当時の新聞は、一般の芸能欄ではなく社会欄に掲載されました。
テレビでも大きく取り上げられました。

みなさん、発言にはご注意下さいね。

新聞 画像

 

 

 

 

 

 

 

そんな経験から
最近はテレビなどでも少しずつ活躍してますよね。

30周年なんです。
デビューは歌手としてのスタートで1983年から。

松本明子 画像

 

 

 

 

 

その30周年に自費でCDアルバムの作成をしたとの事です。

松本明子 画像

 

 

 

 

 

 

自費ってどれぐらい費用が必要なのでしょうか。

何枚作成してるのかも情報がなく
はっきりとした数字も今の段階で表には出ていません。
予想です。

大きく分けると3段階あります。

「録音」 「編集など」 「CDジャケットなどの印刷費」

まず録音。
スタジオの費用がかかりますよね。
高級スタジオですと1日30万円程度らしいです。

当然機材などはバッチリです。
30万も出せばバッチリじゃないと困ります。

これを仮に10日間として300万円ですね。

次に編集です。
編集専門のエンジニアがいます。

ざっくり費用を言うと、レコーディング料金の30%程度とのこと。

最後に印刷費。
これも結構な人と手間がかかります。

デザイナーがいたり加工作業があったり…

費用は印刷レベルによっても細かく違ってきます。
ざっくり2000枚で20万円程度でしょうか?

その他は、作詞作曲費も依頼しますので大きな出費になるでしょう。

もろもろもろ入って500万-800万程度と予想します。
5000枚作成で。

今回の費用は、定期預金を崩して充てたみたいですよ。
松本さんなら、800万円はあるのではないでしょうか?

お金 画像

 

 

 

 

 

 

 

収入が気になります。

先日テレビで、最高月収を本人が答えていました。

最高月収700万円。
平均300万円と見積もって年収4000万円程度でしょうか?

ピークで活躍していた時ですよ。

 

松本さんは30周年という大きな区切りで、勝負に出た感じですよね。
以前のような引っ張りだこだった時のように
きっかけ作りなのではないでしょうか?

何事も行動したもの勝ちです。
今後の松本明子さんに注目ですね。

松本明子 画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもテレビロケで出ている時に気になるのですが
他のゲストの手を握ってますよね。

 

Sponsored Link


   

関連記事一覧

コメントを残す