インフルエンザ2014!風邪と症状の違いは?熱対策の薬や予防は?

風邪

 

インフルエンザの
症状や予防、風邪との違い、熱が出た時の対処方法、
市販薬は何を?

など、まとめてみました。

 

ピークが1月下旬から2月初旬。
とのニュースが入りましたが、気を付けてもらいたいですね。

是非、参考にしてください。

 

スポンサードリンク

 

インフルエンザ vs 風邪 症状と予防

 

本格的に寒くなり
今年も、インフルエンザが流行するとの事です。

しっかりと予防をしているはずが、感染することもあります。

 

そもそも
インフルエンザって、風邪とどう違うのでしょうか?

違い

 

 

 

 

 

風邪

風邪とは何度も、お付き合いを皆さんしていると思いますが
鼻や喉に感染して、炎症を起こします。

 

症状は

・喉が痛いなーー
・鼻水が止まらないんだよ
・咳が出てさーー
・熱が少しあってだるいよ

こんな感じでしょうか。いつもの感じです。

 

予防は

外出禁止です。とは言えないので

・人混みで、マスクをする
・うがい、手洗いを良くする
・しっかり食べ、しっかり寝る

どうですか?

耳が痛くなるほど聞いてますが、なかなか全ては出来ないですよね。
皆さん忙しいですから。

予防し、免疫を下げない事が出来れば問題ないのですが
なかなかねー。

手洗い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の、対処方法をココで。

・市販の風邪薬を常備しておく
・あれっ・・チョットおかしいな?と思ったら、すぐ薬を飲む
・このダルさは放っておくとマズイな・・と思ったら薬局へ行く
・薬局で、子供用風邪シロップを購入
・市販の風邪薬を、子供用風邪シロップで飲む
・寝る

こんな感じでしょうか?

マル秘

 

 

 

 

 

 

 

 

風邪シロップで、市販の薬を飲むのはオススメ出来ませんが
私は今まで、この方法で風邪を長い間ひいていません。

北海道に遊びに行った際、現地の人に教えてもらった方法ですが
効果はかなりあります。

ですが、自己判断で薬を複数、服用してはいけません。
薬局で購入するときも、お子さんに飲ませるのですよね?
と聞かれます。

 

もし試すのなら、自己責任でお願いしますね。

指差し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザ

こちらに関しては皆さん、数回の経験ですよね。
だからこそ、怖いものです。

 

症状は

・高熱でたよ。38度以上もある。
・倦怠感がスゴイ
・食欲不振がスゴイ
・関節がイタタタ、筋肉がイタタタ
・とにかく全身に症状がある
・この風邪、いつもと違うな・・何かヒドイ

こんな感じです。
分かりづらいですよね。

高熱

 

 

 

 

 

 

予防は

・予防接種をする

これが出来れば一番です。
1月2月末ぐらいまで、内科で予防接種が出来ると思います。
小さなお子さんや、高齢者は是非。

・あとは風邪と同じ

外出時にはマスクをして、うがい手洗い、よく食べよく寝る。

 

どうでしょう?
風邪とインフルエンザの症状の違いが、ハッキリしないですよね。

はてな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風邪 VS インフルエンザ 比較でわかりやすく

 

わかりやすく説明しましょう。

 

潜伏期から症状発症まで

・風邪    1-5日 ゆるやか
・インフル  1-2日 早い

 

症状

・風邪    上気道症状 (鼻水・咳など)
・インフル  全身症状 (関節痛・筋肉痛・全身倦怠感・食欲不振・頭痛など)

 

・風邪    微熱 37-38℃
・インフル  高熱 38℃以上

 

こんな感じです。
インフルは、高熱が出て、発症が早く、全身に症状が出る。

当然ですが
全てのケースが当てはまる訳ではないですが
世間一般的に言われるのは、こんな感じです。

風邪

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザにかかったら

 

では、すごい早さで高熱が出て、全身に症状が出たらを
見て行きましょう。

 

インフルエンザのウィルスは
増殖スピードが早いため、症状が急速です。

あやしいと思ったら、すぐ実行して下さい。

風邪 インフルエンザ

 

 

 

 

 

 

 

 

① 飲めるもので構わないので、水分補給をする

お茶でも、スープでも何でも飲めるもの。

 

② マスクを着用し、急いで病院に行く

忙しくても、必ず病院に行って下さい。早く。

 

③ 外出禁止

ゆっくり寝て安静にすること。とにかく寝る。

 

④ 症状がなくなっても、安静に

医師から処方された薬で、症状が無くなっても
2日は、自宅で安静にするように。

症状が治まっても、体内にウィルスはまだ残っています。
長引かせないためにも、自宅で寝て下さい。
とにかく寝る。

 

こんな感じでしょうか。

 

あやしいと思ったら、すぐ病院ですね。そして寝る。
これしかありません。

病院

 

 

 

 

 

 

 

市販薬は?

 

急いで病院に行って下さい。
と言われても、なかなか行けない時も正直あります。

市販薬で対処できないでしょか?

 

ネットで調べると色々な意見がありますが

市販の解熱鎮痛剤によっては、免疫機能をこわし
肺炎になるケースもあるとの事。

深夜などで、病院に行けなかったら
救急車を呼んでも、普通の事で問題ない。とにかく急いで。

などの書き込みもあるほどです。

 

結論を言いますと、市販薬はダメです。
ですが、服用しても良い物があります。

no 画像

 

 

 

 

 

 

 

 

市販で、服用しても大丈夫なのは
体力が落ちた体を回復させる、滋養内服液。

こんなのです。これなら大丈夫でしょう。

薬

薬

薬

 

 

 

 

 

 

製薬会社の、インフルエンザを説明するHPでも
セルフ・ケアの時点で、商品を紹介していました。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?
突然のインフルエンザで、困っている方の参考になれば嬉しいです。

 

・高熱が出て、発症が早く、全身に症状が出る
・急いで、病院に行く(救急車も可)
・水分と栄養をとり、とにかく寝る
・症状が治まっても、2日は外出禁止で、とにかく寝る

・市販風邪薬はダメ。滋養強壮剤はOK

寒さがまだまだ続きますが、ご自愛ください。

ありがとう。aki

Sponsored Link


   

関連記事一覧

1件のコメント

  • lmtaniyaanです。

    非常によくわかりました。
    有難うございます。
    年始に妻と娘がインフルエンザに罹り救急のメディカルセンターに行きました。妻がようやくようやく治ってきたと思っていましたら。今度は私が昨日あたりから熱っぽくなり、今日は咳が出て、鼻水がじゅるじゅるとでてます。急激な高熱ではないのでインフルエンザではないと思っていました、インターネットでの解説(インフルエンザと風邪の違い)でその差異がよくわかりました。インフルエンザではないので少し安心しました。
    以上

コメントを残す