お年玉 年代別の平均金額! 相場計算方法など

お年玉 画像

 

来ますね~そろそろ。
正月の出費イベント、 O・TO・SHI・DA・MA。
そうお年玉!

もらう子供は嬉しいですが、
影で節約している方も多いのではないでしょうか?

 

 

今回は、お年玉金額の相場を、年代別でまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

お年玉の思い出

 

お年玉ですが、渡す側にいつからなったのでしょう。

気づけば、毎年ネットで検索して
「ヨシッ!今年は誰それにはいくらだな。」

なんて自分に言い聞かせて決めていますが
皆さんも、お困りではないでしょうか?

 

誰かちょうだい!

札束

 

 

 

 

 

 

 

自分が小中学生の時を、無理やり思い出してください。

親戚でも、近場にいるオッサンは少なめでしたし
なかなか会えない、遠くのオジサマは
チョット自慢したくなるような高額だったりしませんでしたか?

 

私は、田舎と言う田舎がなく、親戚がみな近いので
トータル金額も少なかったですが
周りの友達は、毎年田舎へお年玉をもらいに帰っていたりもしますよね。

クリスマスプレゼントの後は
正月のお年玉が楽しみで楽しみで
何買おうか・・・なんて、無駄に考えていました。

お年玉 画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が、しかし
それは昔の話。最近は不景気なんです。

アベのミクスさんの恩恵は受けていませんから
きっちり平均金額で、今年は勝負しましょう。

 

お年玉 平均相場金額   赤ちゃん~幼稚園

 

では
薄目で恐る恐る見て行きましょう。

・赤ちゃん ~ 幼稚園まで  500円-1,000円

 

お金ではなく、お菓子をあげたら喜んでくれた。
などの意見も結構あります。

福袋

 

 

 

 

 

 

私は、幼稚園まではいつも500円です。
そこはブレません。

 

お年玉 平均相場金額   小学校1年~2年生

 

少しずつ
心の準備をしてください。

・小学校1年 ~ 2年生まで  1,000円-2,000円

 

この年代には、あげない。と言う意見もありますが
さすがに小学校の、友達との会話にもなりそうですよね。

この年代までは、お金の価値がまだ分かってないから
幼稚園と同じく、お菓子との意見もあります。

お菓子

 

 

 

 

 

 

私は1,000円で勝負です。

 

お年玉 平均相場金額   小学校3年~4年生

 

まだ、大丈夫。

・小学校3年~4年生まで  2,000円-3,000円

 

このぐらいの年代になってくると
ゲームだなんだと騒ぎ出して来ますよね。

仮面ライダー

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、ここは少しランクアップしてあげて
2,000円で私は勝負です。

 

お年玉 平均相場金額   小学校5年~6年生

 

そろそろ人数がいると
ボディーブローのように効いてきますよ。

・小学校5年~6年生まで  3,000円-5,000円

 

この年代になると
欲しい物もだいぶ高価になりますし
お年玉を楽しみに期待しています。

私もそうでした。

ゲーム

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張って5,000円で勝負。

 

お年玉 平均相場金額   中学校1年~3年生

 

深呼吸してください。まず。
来ますよ。来ちゃいますよ。

・中学校1年~3年生まで  4,000円-10,000円

 

ついに大台の
福沢諭吉さまが、平均相場でチラつきだしました。

中には
「俺の小遣いと同じだ。」
なんて思った方もいると思いますが、新年の気持ちですからね。

一万円 本

 

 

 

 

 

 

 

 

私は
3年間5,000円で勝負か
中学3年の時だけ、10,000円をあげてやってもいいけど・・・

その時考えましょう。そうしよう。

 

お年玉 平均相場金額   高校1年~3年生

 

もうしょうがない。
諭吉さまは、必須のお年ごろです。

・高校1年~3年生まで  5,000円-10,000円 

 

この年代になると
平均は5,000円からになりますが
10,000円を渡している意見が多かったですね。

お金 一万円

 

 

 

 

 

 

いや~難しいですね。

中学3年生の時に、勢い良く10,000円をあげたら
自動的に高校3年間は、不動の10,000円になりますね。

もう少し金額を落としたいのなら
中学から高校まで5,000円で
高校3年の時に、10,000円をチラつかせる作戦はどうでしょうか?

 

お年玉 平均相場金額   大学1年~4年生

 

もうしょうがない。
気持よく使ってもらいましょう。

・大学1年~4年生  10,000円-20,000円

 

ここで、お得情報です。

お得

 

 

 

 

 

 

そもそも大学生にはあげない。と言う意見が多くあります。
あげるとしても10,000円で十分との事。

 

バイトもしてるでしょうし、お金のありがたみもわかる年頃です。
私はあげません。キッパリ!

 

お年玉 平均相場金額   お孫さん

 

中には
お孫さんへの相場金額を、探している方もいるでしょう。

・お孫さん  上記、平均相場金額と変動なし

 

これは、平均金額をあげても良いですし
余裕があれば、たっぷり渡しても良いですが
気持ちですので、あげすぎなくても大丈夫ですね。

調べると、平均金額が多かったです。

お年玉 画像

 

 

 

 

 

 

年金暮らしで大変だから、息子や娘に相談してる。
なんて方もいました。あげない方も当然います。

気持ちですから、自身の生活を優先して決めて欲しいですね。

 

お年玉 平均相場金額   ご両親

 

今までの感謝を、形にしたいですよね。
色々な意見がありますが、平均はコチラ。

・ご両親   10,000円-30,000円

 

お年玉は、目下の人に渡すものですから
両親へは、「お年賀」として渡してください。

お年賀

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、親は気持ちが一番喜んでくれますし
後は、渡す側の立場もあります。

独身なのか、結婚してるのかですね。

 

独身であれば
お年賀を包むのも良いでしょう。

結婚しているのであれば
年に数回会った時に、気持ちで包んでも良いですよね。
特に年金暮らしになっている両親だったら。

食事に連れて行っても良いですよね。

食事

 

 

 

 

 

その家庭でケースが違いますが
親は特に金額ではなく、何が一番喜んでくれるかではないでしょうか?

 

年代別 お年玉金額 計算式

 

計算式があるのをご存知ですか?
だいたい平均金額になります。

年齢 ÷ 2 × 1,000 = お年玉金額

 

10歳なら、5,000円
15歳なら、7,500円
20歳なら、10,000円

覚えといてください。
急遽、お年玉をあげる事も結構ありますよね。

この時期に、まさかの遭遇です。
お年玉ハンターに、見つかってしまった時ように。

お年玉 画像

 

 

 

 

 

 

 

親族会議のススメ もらう側の考え

 

お年玉の記事を書いて
読者様の参考となればと言う思いと
自分への意思確認で、調べて書いてみました。

迷うんですよね、お年玉。

 

色々調べると分かるのですが
もらう側は、金額アップより、金額ダウンを避けたいと思っています。

私も、確かにそうでした。
◯◯のオジサンは、いくらで・・・と計算していましたよね。
去年もらった金額で。

迷ったら、去年と同じ金額で問題ありません。

お年玉 画像

 

 

 

 

 

 

 

調べていて
私も、取り入れようと思った事があります。

親族会議。

 

兄弟や親族で、渡す金額を
相談して決めている方が多かったんです。

もらう側は、つまらないかもしれませんが
渡す側は、親族で合わせた方が気が楽ですよね。

 

子供が遊んでいる間にでも
皆さんで、来年以降の金額を決めてみてはいかがでしょうか?

家族会議

 

 

 

 

 

 

2014年、皆様にとって飛躍する一年になりまうように。

ありがとう。aki

Sponsored Link


   

関連記事一覧

コメントを残す